【BtoB事業者様必見】ECで実現!BtoB受発注システムの最新事例を徹底解説セミナー

2021年9月16日(木)に、株式会社インターファクトリーと、ヤマトクレジットファイナンス株式会社は共催で無料Webセミナーを開催いたしました。

本セミナーでは、「【BtoB事業者様必見】ECで実現!BtoB受発注システムの最新事例を徹底解説セミナー」と題し、BtoB-ECサイトの新規構築を成功させるためのポイントや、請求業務を効率化するために押さえておきたい内容について、事例を用いてご紹介させていただきました。

第一部
株式会社インターファクトリー
ECだからできる!BtoB受発注システムの最新事例

▲株式会社インターファクトリー マーケティング戦略部 パートナーアライアンスチームマネージャー 曳地 健一

第一部では弊社マーケティング戦略部 パートナーアライアンスチームマネージャー 曳地が登壇し、BtoB-ECサイトの特長を、事例を用いてお話しいたしました。

BtoB-ECサイトの特長の一つとして、「豊富な決済手段があること」が挙げられます。従来のEDI(Electronic Data Interchange)は、決済まで考慮されていない場合が多いですが、BtoB-ECサイトは、決済手段を豊富に準備しており、取引先の要望に合わせて臨機応変に提供ができます。
事例紹介では、取引先に利用してもらうために、実際にどのように運用しているのかを紹介し、取引先ごとにさまざまなケースで決済方法の導入が可能であると解説いたしました。

最後に、BtoB-ECサイトは基本的に幅広く何でもできる、という点がメリットではありますが、BtoB-ECサイトの構築を成功させるためには、メインの目的として何をしたいのかという「ゴールの設定」を明確にすることが重要であるとお話しいたしました。

 

第二部

ヤマトクレジットファイナンス株式会社
EC・デジタル化に対応した新しい企業間決済
~請求書発行・入金業務の効率化~

▲ヤマトクレジットファイナンス株式会社 BtoB金融事業部 営業推進課 マネージャー 岡本 圭 氏

第二部ではヤマトクレジットファイナンス株式会社の岡本氏にご登壇いただき、企業間決済による業務効率化について、事例を用いてお話しいただきました。

冒頭にて企業間決済に関する現状を踏まえて、近年利用が増加している「BPO」というアウトソーシングの一種についてご説明いただきました。
「BPO」とは、「ビジネスプロセスアウトソーシング」の略で、業務設計から効果分析、改善案実行による業務効率化までを一括して外部業者に任せるものです。
日本全体で将来的に労働人口が減少するとの予測もあり、今後BPOをはじめとしたアウトソーシングはより身近になるだろうと考えられます。

次にBPOの一つとして、BtoBで発生する企業与信や請求書の発行などに対応する決済サービス「クロネコ掛け払い」についてお話しいただきました。
事例の紹介では、クロネコ掛け払いを導入したことで、既存顧客の対応や、新規開拓へ時間を充てることが可能になり、業務を効率化できた事例を挙げていただきました。

 

当日は皆さまご多用の折、ご参加いただきまして誠にありがとうございました。
インターファクトリーは今後もEC事業者様向けのWebセミナーやイベントを積極的に開催してまいります。

 

共催企業紹介

「ebisumart」について

提供会社:株式会社インターファクトリー
URL:https://www.ebisumart.com/

「ebisumart」はECパッケージとASPの両システムのメリットを兼ね備えており、常に最新・最適化されたクラウドコマースプラットフォームです。
サイトリニューアルやオムニチャネル、BtoB-ECなど、業界業種問わず累計700サイト以上の構築実績があり、お客様のニーズを迅速に反映しながら、EC事業の成長をお手伝いさせていただきます。

 

「クロネコ掛け払い」について

提供会社:ヤマトクレジットファイナンス株式会社
URL:https://www.yamato-b2b-pay.com/

企業間における請求業務を代行するBtoB決済サービスです。掛け売りの際に必要な与信から請求書発行、集金、入金管理および督促を代行します。また、お取引先企業(買い手企業)から入金が無くても売掛金はYCFが100%保証いたします。※弊社の審査を通過し且つ、承認したお取引に限ります。

 

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月、新卒で株式会社インターファクトリーに入社。 入社後はブランドコミュニケーションチームに配属され、広報を担当。 主に社内イベントの記事を手掛ける。 現在はECやマーケティングに関するコンテンツづくりについて研修中。