【フォーラムセミナー】イーコマースフェア オンライン 2022「自社ECサイト構築・改善」

2022年3月25日(金)、株式会社インターファクトリーは、インフォーマ マーケッツ ジャパン主催の「イーコマースフェア オンライン 2022『自社ECサイト構築・改善』」に登壇いたしました。

参考:【3/25(金) ライブ配信】イーコマースフェア オンライン 2022 ≪自社ECサイト構築・改善≫インフォーマ マーケッツ ジャパン株式会社

EC業界の発展に関して、実際にebisumartのシステムを利用するお客様の声をご紹介させていただきたく、今回のセミナーに登壇いたしました。

当日は、ebisumartユーザー企業様であるエレクター株式会社 デジタルマーケティンググループ マネージャー 松岡 弘明 様をお招きしました。
セミナーでは「シェルフメーカー『エレクター』が行う、ECを活用したファンとのコミュニケーション方法」と題し、お客様からのお問い合わせへの丁寧な対応や、DtoCサイトのリニューアルで実現したこと、弊社サービス「ebisumart」を利用して感じたことについてお話しいただきました。

今回は、当日のセミナーの一部をご紹介します。

エレクター様のインタビュー記事はこちらからご覧ください。
お客様が欲しい商品を探しやすい仕組みを実現し、サイトリニューアル後、売上2.5倍増

 

DtoCサイトの立ち上げとリニューアル ━ 早急なリニューアルをebisumartが解決

▲エレクター株式会社 デジタルマーケティンググループ 
マネージャー 松岡 弘明 様(上)をお招きし、
弊社 執行役員
ビジネスディベロップメント部 部長 兼 BtoB推進室 室長
清水が登壇しました

エレクター様は、業務用、家庭用のワイヤーシェルフの製造・販売を行っています。
業務用製品は、ホテルやレストラン、病院、半導体工場など専門性の高い場所で導入されています。
業務用製品で培われた高い技術力を生かしつつ、インテリア性を高め、一般家庭でも使いやすいようにアレンジし、「ホームエレクター」というブランドとして家庭用製品の販売も開始しました。

2010年にDtoCサイトを立ち上げ、2019年8月にebisumartにてリニューアルをされました。
専門性の高い場所で導入されている、業務用製品での技術力を生かして家庭用製品を製造していることを伝えることで、お客様に安心感を抱いていただけるよう、業務用と家庭用製品をあえて同じECサイト内で扱い、タブで切り替えられるようにされています。

リニューアルのきっかけは、2018年に施行されたクレジットカードに関する法律(改正割賦販売法)でした。
法改正に対応するため早急なリニューアルを検討されていた中で、クレジットカード業界における国際セキュリティ基準である「PCI DSS」に準拠しているクラウド型のシステム、「ebisumart」にてリニューアルを行いました。

また業務用製品では、これまでは細かな部品一つに対しても、エレクター様の営業スタッフが見積書を作成し、契約店への販売を行っていましたが、DtoCサイトをリニューアルしたことでそのような段階を踏まずに販売が可能になったため、営業スタッフの労務を軽減できたことが、メリットとして挙げられるとお話しいただきました。

▲DtoCサイトのリニューアル時に改善したポイントをお話しいただきました

一人一人の期待に応える対応で、ファンが定着

エレクター様が運営される「エレクター公式オンラインショップ」にて、家庭用シェルフを購入されるお客様はこだわりのある方が多いため、商品画像のみを添付するのではなく、イメージシーンを多く掲載し、購入後のライフスタイルもイメージできるように工夫されています。

また、ECサイトでお客様からお問い合わせをいただいた際は、外部のコールセンターなどを経由せず、EC専任スタッフが一つ一つ丁寧にご対応されています。

エレクター様へのお問い合わせは、部品やシェルフの組み合わせに関するものが多いそうですが、製品の使い方や色味の相談をお受けすることもあるようです。
製品の使い方に関するお問い合わせをいただいた際は、EC専任スタッフが安全性に問題がないかなどを一つ一つチェックし、使い方に問題がある場合は解決方法も併せて提案したり、図面を書いてお客様にお送りしたりして、ご納得いただいた上で販売されるとのことでした。

他にも、業務用製品について専門性の高い回答を求めているお客様の問い合わせについては、ECサイトで一次対応を行い、営業スタッフと連携することで、オンラインとオフラインを融合し、より効果を発揮されているそうです。

そして、エレクター様はSNSを活用されており、例えばTwitterで「エレクターの商品を組み立てた」というツイートがあった際は、すべてリツイートやリポストなどのリアクションをされています。
お客様からのポジティブな意見だけではなく、ネガティブな意見も真摯に受け止めることで、ファンとのコミュニケーションを図っています。

このようにファンとのつながりを強めたことで、お客様の購入回数が増えたり、購入単価が上がったりした他、リニューアルで商品点数を増やしたことでアクセス数も増加し、売上につながったとお話しいただきました。

▲いただいた問い合わせに、EC専任スタッフが丁寧に対応することで、
ファンの期待に応えているそうです

今後の展望 ━ 新規ファンの獲得へ

今後の展望として、指名買いしていただくブランドのファンのみならず、新規ファンの獲得も重要視されているそうです。
そのために、エレクター様の特長や世界観がより伝わるようなコンテンツの作成や、SNSなども連動させ、ファンの方々のリアルなお声を大事にしながら、認知度を拡大していくファンマーケティングを行っていきたいとのことでした。

また、エレクター様はebisumartの営業担当者と定期的にミーティングを実施しており、ebisumartの機能について得た情報をECサイトに反映されています。
他にも、ebisumartが運営するユーザー向け「ebisumart Academy」という、ebisumartの現行の機能や新しい機能についての勉強会にもご参加いただいています。
ebisumart Academyを今後も受講し、エレクター様のECサイトに生かしていきたい、とお話しいただきました。

▲今後の展望についてのスライド。
ebisumartが運営するebisumart Academyなども活用しながら、
新規ファン獲得のためのコンテンツを増やしていきたいとのことでした

参考:ebisumart Academy

 

インターファクトリーは、今後もebisumartユーザー企業の皆さまに長くご活用いただくため、さまざまなサポートメニューをご提供し、サービス向上に努めてまいります。

 

当日はお忙しい中、本セミナーにご来場いただき誠にありがとうございました。
インターファクトリーは、今後もEC事業者様向けのセミナーやイベントを積極的に開催してまいります。
当日のセミナーに関しまして、不明点等ございましたらお気軽にお問い合わせください。

 

登壇企業紹介

「エレクター公式オンラインショップ」について

エレクター株式会社様が運営する家庭用・業務用ワイヤーシェルフの公式通販サイトです。
家庭用シェルフでは、サイズ&カラーのオーダーが可能です。
セット商品も利用シーンから選ぶことができ、ユーザーにとって使いやすいサイトデザインとなっています。
ebisumartの標準機能で、ブランド本来の収納(storage)から搬送(transportation)をサポートする“TRANSTORAGE ”の発想を残しつつ、より快適な空間提案を行うサイトとなりました。

URL:https://shop.erecta.jp/

 

「ebisumart」について

「ebisumart」はECパッケージとASPの両システムのメリットを兼ね備えており、常に最新・最適化されたクラウドコマースプラットフォームです。
サイトリニューアルやオムニチャネル、BtoB-ECなど、業界業種問わず累計700サイト以上の構築実績があり、お客様のニーズを迅速に反映しながら、EC事業の成長をお手伝いさせていただきます。

URL:https://www.ebisumart.com/

ABOUTこの記事をかいた人

2020年4月、新卒で株式会社インターファクトリーに入社。 入社後はブランドコミュニケーションチームに配属され、広報を担当。 主に社内イベントの記事を手掛ける。 現在はECやマーケティングに関するコンテンツづくりについて研修中。