【社内イベント】2022年新入社員入社式を開催しました

インターファクトリーでは2022年4月1日(金)、2022年新入社員入社式を行いました。

4月としては冷え込みましたが、オフィスの前には桜が咲き誇り、新入社員の皆さんを歓迎しているようでした。

今年の入社式は、2020年以来2年ぶりに対面で行いました。新型コロナウイルス感染症対策として出席者数を最小限に抑え、他の参加者と十分な距離を確保して開催しています。また、多くの社員はライブ配信で見守りました。

今回は当日の様子をお伝えします。

2022年新入社員

2022年新入社員としてインターファクトリーに10名が入社しました。

2022年は10名のうちエンジニア職が8名、ビジネス職が2名の入社となりました。

入社式の様子

社長祝辞

はじめに、弊社代表の蕪木より祝辞が贈られました。

新入社員の皆さんへ歓迎の言葉と、素晴らしい仕事をするために必要なことなどをお伝えしました。

また、インターファクトリーの理念である「私たちは関わる従業員、お客様、取引先様の幸せを実現します」にある通り、新入社員の皆さんがこれから努力してお客様の役に立ち、自らも幸せを感じてほしいとお話ししました。

従業員代表挨拶

続いて、先輩社員から歓迎の挨拶がありました。

昨年入社した2年目の社員が、従業員の行動指針である「インターファクトリーの道」の最後にある「あとは楽しむだけ」について、自分が仕事の中で楽しいと感じた体験を伝えました。

新入社員の皆さんにも楽しんで仕事をしてほしいというメッセージや、先輩社員として自身が楽しんで仕事をしている様子を後輩に見せたい、という決意も話してくれました。

自分の言葉で後輩たちに語りかける姿に、会場の役員からも感嘆の声が上がっていました。

入社辞令書授与

さらに、新入社員へ蕪木代表から入社辞令書が授与されました。

一人ずつ名前を呼ばれるたびに新入社員から元気の良い返事が聞こえ、頼もしさが伝わってきました。
新社会人としての生活が始まった実感とともに、新入社員の皆さんの記憶に残る瞬間になったのではないでしょうか。

新入社員代表決意表明

最後に新入社員代表の決意表明がありました。

学生から社会人と立場が変わり課題の大きさを痛感したが、一歩ずつ確実に成長していきたいという決意を、力強く表明してくれました。

まとめ

改めて10名の2022年新入社員の皆さん、入社おめでとうございます。インターファクトリーの仲間として、これからよろしくお願いします。

入社式の後から、さっそく研修が始まります。新入社員の皆さんは、まず全員で同じ研修を受けた後、職種別の研修があります。仲間と一緒に多くのことを学びながら、少しずつ成長していってもらえればと思います。

5月には新卒歓迎会の開催も予定しているので、また元気な姿が見られることを楽しみにしています。

採用情報はこちら

ABOUTこの記事をかいた人

2019年9月、株式会社インターファクトリーに入社。 ブランドコミュニケーションチームにてオウンドメディア運用を担当し、年間40本以上の記事を掲載。 社内広報、採用広報に加え、EC業界やクラウドコマースプラットフォーム「ebisumart」についての情報発信も行う。